ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

大学概要

clear

学長メッセージ

Message from the President

clear

東日本大震災から3年が過ぎて

 東日本大震災から3年が過ぎようとしています。宮城教育大学を代表して、この節目に改めて、犠牲になられた多くのみなさまのご冥福と、 今なお行方のわからない方々の一日も早いご帰還を心からお祈り申し上げます。 また、被災された多くの方々に心からお見舞い申し上げ、少しでも早く復興が進み、心の安寧がもたらされますよう願います。
 本学のみなさまには、この3年間、ご自身が震災被害を受けながらも、被災地の支援活動にさまざまな形でご協力いただきましたことに感謝申し上げます。 また、全国のみなさまから本学の活動にさまざまなご協力を賜りましたことに厚く御礼申し上げます。
 震災から3年を経て、瓦礫の山も消え、見た目の厳しさは少し和らいだかに見えますが、被災された方々の苦しみや悲しみはより深くなり、心の問題が顕在化 しつつあるように思います。 この間、宮城教育大学は微力ながらさまざまな形で震災後の被災地の復興にかかわらせていただきましたが、心を新たにしっかりと震災復興に取り組みます。 私どもは、この震災によって子どもたちが、そして若者が夢を失い、望みを捨て、志を諦めるようなことのないように、可能な支援に努めます。 また、心のケアにも全力を尽くして取り組んでまいります。 そして子どもたちがこの震災を乗り越えるために、地域の復興とともに生活習慣の改善が図られ、同時に運動不足からの体力低下を改善できるように自治体とも 協力してまいります。今回の大震災で、国内のみならず、世界の各地からご支援を頂きました。 このご恩をお返しする意味でも、防災・減災教育として他の地域への成果の還元をしたいと考えております。
 本学は、微力ではあっても震災後の復興を中長期的に捉え、復興支援を継続することが大事であると考えます。この3年の節目に、心を新たにして教育復興に 取り組む覚悟です。宮城教育大学のみなさま、これまでご支援を賜ったみなさま、あすの教育と子どもたちの未来のために、今後一層のご協力をお願いします。




clear
先頭へ戻る